スポーツチャンネル

DAZN(ダゾーン)っていくら?料金プランと支払い方法【一覧表あり】

DAZNの料金プランと支払い方法の関係を一覧表にしました。公式サイトの説明を読んでもいまいち理解できない、曖昧だったところはサポート(=ライブチャット)で確認済みです。

料金プランと支払い方法をまとめた理由は1カ月お試し視聴を申し込む場合にも支払い方法の入力が必要だから。それにもかかわらずDAZN公式サイトの説明記載が部分的すぎて分かり辛いんですよね。

>>DAZN公式サイト

DAZNの料金と支払い方法

DAZNは基本月額1,750円(税別)で全ての番組が視聴放題のコスパ大満足なサービスなんですが現時点(2020年2月)では4つの料金プランと10種の支払い方法があってそれらの対応は以下の表の通りです。

DAZNの料金プランと支払い方法一覧表

DAZNの料金と支払い方法クレジットカードPayPalプリペイドチケットパートナードコモAppleAmazonGoogleキャリア
DAZN(基本プラン・月額1,750円税別)---
DAZN for docomo
(月額980円税別・ドコモ回線契約者)
---------
DAZN 年間視聴パス
(年間19,250円税別⇒月額1,604.1円)
---------
AppleID経由
(月額1,900円税込⇒1,727.2円税別)
---------

料金別にそれぞれの支払い方法を解説します。

DAZN基本プランは月額1,750円

DAZNの基本プランは1,750円(税別)、支払い方法の選択肢が多いのでユーザーにしてみれば契約しやすいプランです。以下が基本プランで対応している支払方法。

  • クレジットカード 日本国内で発行されるもの(デビットカード含む・Visa, MasterCard, American Express, JCB, Diners Club)
  • PayPal オンライン決済のペイパル
  • DAZNプリペイドカード(コード 家電量販店やコンビニで購入、1カ月(1,750円)、3ケ月(5,250円)、5ケ月(8,750円)の3種類
  • DAZNチケット(コード 1カ月分のプリペイド、コンビニにあるキオスク端末(セブンイレブンのマルチコピー、ファミマのFamiポート、ローソンloppi等)で購入
  • Amazonアプリ内払い FireTV、FireTVStickを利用する場合にAmazonアカウントに登録済みの方法で支払い
  • GooglePlayアプリ内払い GooglePlayアプリ内でGoogleIDに登録済みの方法で支払い
  • モバイルキャリア払い 携帯電話料金とセットで契約キャリアに支払い(ソフトバンク、Y!Mobileが対応)

()カッコ内の「コード」は支払い方法登録時にコードまたはギフトコードと呼ばれるものです。

私はクレジットカード払いですがあとはPayPalが現実的かなぁ。コードは更新都度買いにいかなきゃいけませんので面倒くさいし気がします。

DAZN for docomoはドコモ回線利用者料金で月額980円

dアカウントがあってドコモの携帯回線を利用している人は月額980円(税別)で契約できます。請求はドコモとの合算です。

  • 毎月のドコモの請求に合算 ドコモとの契約の支払い方法

これはdアカウントだけでは適用されないことに注意してください、あくまでもドコモの回線契約ありきです。私もdアカウントを持ってますがドコモユーザーではありませんので適用外(笑)。

【考察】ドコモユーザー向け980円は本当に安い?

基本プラン1,750円より安価ですけど既にドコモの高額なスマホ基本料金を払っている人が対象なので本当に安価なのかどうかはユーザーさんの捉え方次第。DAZNを770円値引くのであれば最初からスマホの基本料金を770円下げろよと思うのは私だけ??

DAZN年間視聴パスは最もお得な年間19,250円

DAZN年間視聴パスは年間19,250円(税別)、基本プランの11カ月分の料金(1,750円×11)で1年間視聴できるのでとてもお得。月額換算すると1,604.1円(税別)です。

購入窓口はJリーグ、Jリーグ各チーム、NPB各チーム、スポーツショップのスーパースポーツゼビオらDAZNパートナー。販売元によってネットから購入できるところもあれば提携オフィシャルショップで店頭販売してたりと。よって支払い方法は一義に決まっていません。

  • パートナーより購入(コード) 販売元により支払い方法は異なる

パスの有効期限は1年間もしくは半年間。継続視聴するには期限終了までに新たにコードを購入するか、別の支払い方法を登録せねばなりません。

6ケ月間視聴のハーフシーズンパスもあり・コード登録期限に要注意

例年Jリーグシーズン途中の7月ごろにパートナーから発売されるハーフシーズンパスは9,625円(税別)。基本プランの5.5か月分の料金で6ケ月視聴可能で基本プランからの割引率は年間視聴パスと同じです(月額換算1,604.1円)。

注意点は支払い方法登録にコード入力期限があること。期限を過ぎたものは理由に関わらず無効になるので入手次第速やかに登録すべし。

売上の一部がJクラブに還元される年間視聴パスは特典付き

年間視聴パスの売上の一部はDAZNからJリーグ各チームに還元される仕組みなので「俺はJリーグの成長と発展になんとしても貢献するんだ!」な人は年間視聴パスがおすすめ。

価格だけでなく販売元のJリーグやNPBの各チームが独自の特典サービスを付加価値としていることが多いのも魅力のひとつ。

下はのスクショは我ら柏レイソルの2020年DAZN年間視聴パス販売のアナウンスでホームゲームの売店で使える2,000円分のクーポンがおまけでついてる!これはおいしい。

柏レイソルのDAZN年間視聴パス発売アナウンス

柏レイソルのDAZN年間視聴パス発売アナウンス

レイソルの場合はインターネット販売は無くサッカーショップKAMOの柏店での店頭販売ですがJリーグ各チームのサイトをみたところネット販売が多いです。

AppleID払いは特殊な税込み月額1,900円

AppleID経由でDAZNを契約する場合は月額1,900円(税込み)。税抜きに換算すると1727.2円となりDAZN基本プランの1750円より安価ですがこれには特殊な事情に因るもの。

  • AppleID経由払い AppleIDに登録済みの方法で支払い

Appleの規定上iTunesでは10円単位の料金設定が不可なのがその理由。2019年9月までの消費税8%の頃は税抜き1,759円で基本プランより割高でしたが10%となった今では逆にお得になってしまっているという状況です。サポートの人もチャットで答えづらそうでした。

DAZN料金プランと支払い方法まとめ

DAZNの料金と支払い方法との関係が随分と分かり易くなったと思います。

クレジットカードを持っていない人、懐に余裕のある範囲内で短期で契約したい人、Jリーグの応援しているチームがある!など同じスポーツファンでも人ぞれぞれ。DAZNには選択肢があるので自分にあった料金プラン、支払い方法を検討しましょう。

>>DAZN公式サイト

-スポーツチャンネル
-

Copyright© らいぷろ見聞録 , 2020 All Rights Reserved.