東京駅

【旨い麺】名店・松戸「中華蕎麦とみ田」の自家製麺を丸の内で喰らう!松戸富田麺絆

投稿日:

2019年3月、丸の内KITTEの地下にラーメン激戦区・東京丸の内がオープンしています。個人的に注目は松戸の名店である中華蕎麦とみ田の直営店、松戸富田麺絆。とみ田はあの自家製麺が最高に旨い。

松戸の本店は始発あさイチ待機以外は普通に3時間は待ちます。そんな名店が東京駅の傍に支店だしちゃって大丈夫なのか?とオープンは知りつつも行くのを躊躇っていた松戸富田麺絆、ようやく行ってきました。

意外に短かった行列待機!松戸富田麺絆

訪問時間は平日金曜日12:20頃。その日の午後仕事の予定が空いたのもあって行列覚悟で昼のピーク訪問も拍子抜けの僅か15分程の待機で店内へ。

よくみると一度に40名は着席できであろう店内のつくりに納得、どんどんお客さんが廻っている!これは意外で驚いた。確かに松戸の本店は店がカウンターのみで10席ほどだから待つんだよねー。

着丼まで5分も待たない。事前に食券を購入するのだがタッチパネルになっていて恐らく厨房にオーダーが届く仕組みなんだろう。それでどんどん麺を茹でていると予想。

とみ田の自家製麺に濃厚スープが絡む・濃厚つけめん(大)

あぁ、思い出すだけでまた喰いたくなる。。濃厚つけめんです。

大勝軒伝統の普通のもりそばもいいんですよ!でも濃厚な方が私は好み、スープが麺に絡んできます。それをずずっと口に頬張る。紙エプロン出してくれるので遠慮なくズズっとしましょう。

何でしょうね、このモチモチ感。といっても上品なんですよ、歯に残らないというか飽きないというか。。

まさか東京駅の傍でとみ田を食えるとは。。まだ食したことない人も本店より待たずに済むのでおすすめです。クオリティは間違いないです、これぞとみ田。

-東京駅

Copyright© らいぷろ見聞録 , 2019 All Rights Reserved.