欧州サッカー

どうなるCLとEL?1年延期のEURO2020は? | 16日&17日UEFA実行委員会開催

16日と17日の両日でUEFAが実行委員会を開催します。議題のひとつが中断している2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)の今後の決勝トーナメントについて。

CLは3月12日ラウンド16の1stレグを終えたところ、ELは3月13日ラウンド16の2ndレグの途中(一部の試合を中止)で中断しています。本来であれば6月中旬からチャンピオンズリーグの予備予選が始まるんですよね、随分と日程が押せ押せになっちゃいました(笑)。

どうなる?2019-20シーズンのCLとEL

想定するに5月末にチャンピオンが決まっている筈の2019-20CL/ELを8月中旬ぐらいまでを目処に延期することでしょうか?再開し始めた欧州各国リーグは7月までになんとか今シーズンを終わらせようとしててリーグ戦の消化で精一杯な状況。そこにCL/ELの試合を入れるにもさすがに無理がある。

選手たちの体調も考慮してリーグ戦が終了しているであろう8月から集中して決勝トーナメントを再開、R8以降は決勝と同じ一発勝負にして試合数を減らして正味2週間程度で終わらせるシナリオ。これが現実的だと思う。

出場チームが決まっていないユーロ2020

ユーロ2020についても討議されます。こちらはプレーオフが行われておらずまだ全出場チームが決まっていません。本大会の2021年への延期は確定で日程的にも余裕がある。ただナショナルチームの大会だから以外と調整が難しかったりするんだろうか?

サッカーファンとしてはUEFAが再び動きだしたことを喜ばなきゃいけないかな。エールディビジ、アン、ベルギーリーグなど早々に終了を決めたリーグもあればこれから再開するリーグもある。各国の決定は尊重すべきでそれを踏まえてUEFAも対応できる状態に至った。

ある意味今シーズンのCL/ELは普段とは違う特別な大会、温かく見守ることにしましょう。

-欧州サッカー
-, , ,

Copyright© らいぷろ見聞録 , 2020 All Rights Reserved.